2015年度地域合同新入社員研修の開催報告です。

7年目を迎えた地域合同新入社員研修。4月2・3日の両日、本社多目的ホールにて盛大に執り行いました。
鶴見区地元企業17社、港北区3社、都筑区1社、川崎市1社、合計22社。
受講者総勢44名での開催は壮観の一言に尽きました。

2009年からスタートしたこのプロジェクトは本年で7回目
6回の開催実績もあり、本年は、一時的に申し込み人数が72名に達し、過去からの登録企業様は35社に至りました。

本年のカリキュラムの特徴は、「講義→グループワーク→解説」を基本に据え、今回は情報漏えいの危険性、人間力(心の基礎力)といった講義を追加。
報連相は、実例についてグループ討議を行い、中間報告の重要性についても強化しました。

【受講者の声】
・挨拶は、ほんの少しの動作と言葉だけで、印象がガラリと変わることを実感しました。
・合間、合間にグループワーク、ロールプレイングがあり、無駄がなく、リズムの良い研修でした。
・社会人経験が数年ある人でも、現状の自分を再確認できるカリキュラムになっていたと思います。

新入社員合同研修会は、2015年次年度も開催予定です。
ご興味のある企業様は、弊社経営企画室 林までご一報ください。